EA開発の経過【J.Bond_1.00】②

EA開発の経過【J.Bond_1.00】②

前回の記事「EA開発の経過【J.Bond_1.00】」に続いてあまり進んでいませんが記録として。

前回のバックテストで意図しない誤りがあったのですが、そこを訂正しておきます。

 

MT4でバックテストするときにスプレッドを設定しますが、単位はポイントになり、1pips=10pointです。

ユーロドルの場合、私はスプレッド=2pipsを想定していますので、20pointにしなければなりませんでした。

したがって前回の場合、2018年1年間のバックテスト結果は以下のようになります。

 

 

 

ストップコントロール

いろいろと課題はあるのですが一つ一つつぶしていこうと思います。

手始めにクローズ目標に届かず、一時的に利は乗るものの途中で反転してしまうトレードがあったのでストップをコントロールして建値決済できるようなルールを追加しました。

ここのルール化には少し課題を残す形になっています。

現状では固定pipsを条件に入れざるを得ない形になっているのでここは気を付けておきたいところ。

 

2018年1年間でバックテストを行いました。

 

 

前回 今回
純益 180.08 210.51
勝率 88.24% 94.12%
PF 2.53 5.66

 

一応、改善していました。

トレード回数が少ないのと、まだ1年間のバックテストですので、ストップコントロールに関するルールは考え直す場面が出てきてもよさそうに感じています。

 

2014年~2018年の5年間のバックテスト

 

とりあえずはこのルールで次の課題に進みたいと思います。

次は利確のタイミングについて検討してみます。

では。

EA開発の経過【J.Bond_1.00】②” への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。