アフリカ東沖で不思議な地震が発生し、ハワイまで届くも謎・・・

アフリカ東沖で不思議な地震が発生し、ハワイまで届くも謎・・・

ヤフーニュースでこんな記事を見つけました。

謎の地震が世界を駆け巡る、揺れは20分以上継続、原因不明(12/5)

アフリカ東沖で発生した地震の振動は・・・

ザンビア、ケニア、エチオピアといったアフリカ諸国のみならず、チリ、ニュージーランド、カナダ、そして1万8000キロメートル近くも離れたハワイにまで到達した。

とのこと。

また地震は20分以上も続いたそうです。

そして不思議だったのがその記録された波形で、17秒毎に記録される単調できれいなジグザグ型の波形が1種類とのこと。

見方としては周辺の地形によりその他の波長が阻害されて、単調な波だけが記録されたのではないかということらしいのですが、なかなかに不気味ですね。

2018年、今年も災害が相次いだ年でした。

地震に異常気象、強力な台風など自然の災害は我々のちっぽけさを教えてくれているようです。

岡山の豪雨浸水で私の後輩も被害に合い、なんとか命は助かったということもありました。

南海トラフ地震も近々起こるだろうとの予測も出ていますし、できるところから防災について考えておきたいものです。

最近、こどもと散歩していたとき、津波の避難場所だよと5歳のこどもに手を引かれていきました。

ユーチューブで福島の津波を見せたことがあったので、こどもながらに何か感じているようです。

家族がバラバラの時に起こる可能性が高いので、機会を見つけて家族と話しておきたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。