エントリーとクローズ方法の選択肢を考えてみる

エントリーとクローズ方法の選択肢を考えてみる

前回の記事で移動平均線と平均足を使ったEAをサクッと作ってバックテストをしました。

 

その結果、PF1、勝率35%前後とあまりいい結果ではありませんでした。

このままであれば普通にゴールデンクロス、デッドクロスで売買していったほうがいいかもしれませんね。

(移動平均線の最適化も考えられますが)

しかし、この手法の狙いはトレンドが起こった方向にエントリーし、調整段階でクローズ、そして再度トレンドが起こればエントリーし、また調整でクローズするといった形で、トレンドが起こった時に効率良く利益を取っていこうというものです。

このメリットの弊害がレンジ相場での無駄なエントリーに繋がっているものと思いますし、そのほか課題を改善するようなエントリー案やクローズ案がないか考えてみます。

エントリー方法

  • トレンドを計測するテクニカル指標を導入する
  • ロットを分けて、トレンドに乗ったら追加ポジション
  • 大きな時間軸の方向にポジション取り

あまり思いつかないですね。検索していい案がないか探してみます。

負け勝負を減らすことで損を限定したいです。

クローズ方法

  • エントリー時にストップオーダーを設定し、損を限定
  • エントリー時にリミットオーダーを設定し、節目での利益を確定。
  • トレールストップ設定で損を限定

こちらもあまり思いつかないですが、損を限定させることができれば総じて利益は残って行きそうです。

こんなところでしょうか。

 

まとめ

  • 負けエントリーを減らして損しない。
  • 利益が乗る流れでは、ストップをコントロールして損失を限定する。

まとめるとこんな考え方が見えてきました。自分はこんな考え方をしているのかと新しい気づきでした。

ちょっと考えてみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。