FX裁量トレードの振り返り2019.3.21時点

FX裁量トレードの振り返り2019.3.21時点

Dグリーン
感覚以上に負けてたぞ。
Jボンド
そのギャップはダメだ。笑
Lシッフル
おまえ、意外に勝ってるな。私はすっからかんさ。
Q
僕は点滴中です(白目)

 反省をつらつらと

FXでは思うように勝てずにリーマンショックを経験し、ライフスタイルの変化とともに10年ほど前に引退していましたが、ツイッターで関わった仲間の影響で昨年末あたりから戻ってきました。

(精度の荒い)鉄板パターンを持っていたので、そのパターンの視点でチャートを眺め、仲間のポジション取りをツイッターで拝見させてもらい、そしてKHS3000のポジション取りを観察し、多くのことを学びました。

そして始めに持っていたパターンにおけるトレード手法はかなり変化しました。精度も上がったと思います。

一方で、相場は生き物と言われるほどに変化していくものですので、その変化についていけるだろうか?この手法が通用しなくなる日が来たらどうしようか?など、不安に思うこともあります。

(しかし、10年前とそんなに変化していないとも思います。私という人間はちょっと変わった気がしますが。)

 

トレード手法の変化

少し手法の変化の話をします。

というのも、私は「自分のトレード手法が、こういう変化をして精度が上がったと感じることができる」ということを想像しえなかったからです。

もし想像することができたなら、10年前、私はFX(外為)をやめることはなかったかもしれません。

そして、今回は手法を変化させることに抵抗も苦しみもありませんでした。(単に相場が良かっただけかもしれませんが。)

もちろんリアルトレードで実際にお金を動かしています。

 

先ほど私は「鉄板パターンを持っていた」ということを話しましたが、10年以上前の私がこれを見つけるのにどれほど疲弊していたか・・・

なぜ勝てない、どうしたら勝てるか・・日々思い悩んでいました。

 

私がチャート上から探し当てたかのような雰囲気になっていますが、正しくはある人から教えていただいたのです。

ある人がリアルにトレードする動画を見たのがきっかけで、そのパターンを見つけることができました。

動画を見た後にそのパターンを見つけることは容易くあっけなかったです。

あるパターンでブレイクアウトを狙う手法で勝率50%とよくなかったのですが利益にはなるパターンでした。

 

今回の変化はそのパターンにおいてエントリータイミングをずらすものでした。

「ブレイクする前にポジションをとること」と「逆方向にエントリーすること」

これにより、ブレイクするしないにかかわらず利益を狙えて、ブレイクをしたら利を伸ばせますし、ブレイクしなければ逆方向のポジで利益を狙えるようになりました。

要はエントリーポイントが増えました。

 

このように、手法は変化させることができるということを学びました。

今度は時間軸を自在に乗り換えられるようになりたいと思います。EA開発もね。

それから、今、当時の私のように苦しんでいる方がいたら何かのヒントになれば幸いです。

 

初心者の方を応援したいと思う反面なのですが・・・

最後に・・

私はFXをおススメしません。なぜなら、期待している以上に苦しいからです。

期待してしまう以上、1の苦しみは10の苦しみに感じることがあります。

そして痛みを伴います。損切は必ずしなければなりませんし、痛みを伴うのです。

 

今日、こんなツイートを見つけました。

https://twitter.com/eriko_trade/status/1108578368570572800

そのままTL上を流れていくにはもったいないツイートだと思うので私が拾います。

口座残高の約74%の含み損を損切できますか?

フツーできないです。私にはできないかもしれません。

しかし、この損切をしたことで残高で次にトライすることができます。

 

私には大損という経験がありませんがいつか来るだろうと思っています。

その時にはこの英断を思い出したいです。

 

追伸

Q氏、ツタン氏 いつもありがとうございます。
ツイッターで絡んでるみなさんこれからもよろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。