はじめてラブホに行ってみた

はじめてラブホに行ってみた

ラブホ・・・・

なんと生々しい響きであろうか。

一度もラブホといものを利用したことがない私が、なんと本日行ってきました。

(行ったのは仕事のようなものですが、頭の中の半分以上は興味でいっぱいでした・・照)

 

い、行ったことがない!?エ!?

「半沢直樹」の画像検索結果

Dグリーン
いや、驚きすぎです。

 

ウゴゴゴゴゴゴゴゴ

Dグリーン
そんな顔しないでください。

 

でも、みなさん一度は行かれたことがありますよね?

はじめて訪れたときのことを思い出してみてください!

 

どんな気持ちで行かれましたか?

 

全然イメージと違うやんけ

イメージと違う①

ラブホ♪ラブホ♪と検索していたとき、なんとこんな説明書きを見つけてしまいました。

 

(画像はイメージです)

 

女子会!?「女子会にも!」って書いてある!?

ラブホで女子会ってなんや!?都会の女子はラブホで女子会やるのか!?と、頭の中を混乱が襲いました。

 

それこそ、

「半沢直樹」の画像検索結果

エ!?なんですけど!

 

いや待てよと。

このご時世、ラブホ業界も利用シーンを増やして利用率を上げたいという背景があるんじゃないか?

と勘繰りを入れてインスタをのぞいてみました。

 

い、、淫スタ女子たちの画像が出てくるではないですか!!!

「半沢直樹」の画像検索結果

ラブホはセックスしに行くところという固定観念が崩れました。

まぁ彼女たちもナニしているかわからないですけどね。

 

イメージと違う②

とりあえず行ってみるホテルを決めて突入!

外観のイメージはお城とかリゾートとかいかにも感があふれるホテルを思い描いていたのですが至って普通のビジホ的外観なものでした。

いろいろなコンセプトで展開しているのでしょうが、今回は意外にも普通のホテル的な外観でした。

 

車で突入したんですが、車庫も隣が見えないように一台一台壁が作ってありました。

そして、ナンバープレートを隠すための衝立まで用意してあるじゃないですか。

いろいろと想像を掻き立てられ、こんな顔になりましたね。

関連画像

 

そして「まずはフロントへ」と書いてあったので、フロントでチェックインするときに人が対応してるのかと思いきや・・・

誰もいないエレベーターホールに、部屋の内装の写真と部屋番号が書かれた押しボタンがありました。

好みの部屋のボタンを押してエレベーターで上がって部屋に入る仕組みなのですね。

 

ちなみに車庫から直接階段で部屋に入れる仕様の部屋もありました。

エレベーターを使うと他のお客とすれ違う可能性がゼロではないので、こちらの駐車場から直接部屋に向かえるタイプは玄人に重宝されるのだろうなと再びこんな顔になりました。

関連画像

 

まぁ結局行きも帰りも誰にも会うことはありませんでした。気まずくならずにいいですね。

 

イメージと違う③

部屋は小汚く壁も薄いイメージがあり、となりのお取込み中な声が聞こえてくるのかと思っていましたが、外の廊下や部屋の中でも一切そういう声らしきものは聞こえませんでした。

むしろ騒音もなくビジホより快適でしたね。

そして部屋もキレイで清潔!壁紙もオシャレじゃないですか。

 

・・・・・そうか!

「半沢直樹」の画像検索結果

なるほど、ここにあるのは非日常なのか。

非日常を作ってあるのですね!

これなら周りのことを忘れられる、目の前のことに集中できると!!

そう!どんな関係でも!

 

すげー。ラブホすげーよと。

まぁお風呂はジャグジーだし、ライトニングがレインボーだし。

 

イメージと違う④

そうはいってもやはりラブホとセックスは切り離せないでしょう。

そう感じたのがですね・・・

 

あらゆる棚、扉を開いていったところ・・・あるじゃないですか。

 

「電マ 黒」の画像検索結果

 

女子の8割は所有しているというアレ。今回は黒でした。

ちゃんとトイサックまでついているんですね。清潔感があります。

「電マ サック」の画像検索結果

ちなみに今回は使わなかったのでまたそれは次回にでも。。

 

そして、アダルトグッズの販売機が部屋にあるんですよね。

ただ、雰囲気がエロエロしないように扉で隠れていることも好感度があがります。

 

イメージと違う⑤

カラオケがあるんですねー。

セックスという固定観念があったのでその発想はありませんでした。

 

これ、口実に使えますよね?

 

ラブホに誘う口実まで用意してあるとは恐るべし。

「半沢直樹」の画像検索結果

 

女の子と飲んで

空いてる個室カラオケあるんだけど行く?

チェックイン♡

 

女子的には「カラオケ」に行くっていう理由ができるし、気になる男性と入りやすくなるのではないかと妄想しました。

女子に優しいラブホですね。

アメニティはランクの高いホテル程度を目安にかなり充実させているそうです。

手ぶらでそのまま宿泊も全然問題にならない充実っぷりです。

 

まとめ

まぁ、まとめるとラブホいいじゃん!ビジホに泊まれなかったらフツーにラブホ使えるなと。

ぶっちゃけ、ホテルにお金払ってセックスしに行くのか・・なんて思ってましたけども、全然セックスだけじゃない良さも発見できたラブホ訪問でした。

これ、ちょっと旅行気分味わえませんか?私だけかな・・・

 

利用者は普通のカップルだけじゃないのでしょうね。

意味ありげなカップルでも全然しがらみを忘れられる、そんな場所だと思いました。

 

あ、ちなみに私は世の中ほど不倫に否定的ではありません。

人間いろいろあると思ってます。では。

 

はじめてラブホに行ってみた” への4件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。