MT4でバックテストを行う準備と設定

MT4でバックテストを行う準備と設定

MT4でEAを作成する際、バックテストは必須です。

MT4の初期設定時は過去チャートのデータ(ヒストリカルデータ)が不十分なため、過去5年や10年のバックテストを行うことができません。

したがって、まずはヒストリカルデータの設定を行う必要があります。

 

ヒストリカルデータの取得

FXDDのデータを利用

ヒストリカルデータはいくつか提供元があります。検索エンジンに「mt4 ヒストリカルデータ」と打ち込めばいろんな情報が出てきますね。

よく出てくる提供元というと以下のようです。

  • MetaQuotes社
  • 海外FX業者「FXDD」
  • 海外FX業者「AXIORY」
  • 国内FX業者「FXTF」

どこを使用するか迷うところですが、メタクオーツ社のものは精度が悪いとの評価が多いのでFXDDを使用します。

私が利用しているEAもFXDDでのバックテストを経て開発されているので、問題ないのではないかという考えです。

 

ダウンロード

ここからバックテストを行う通貨ペアのヒストリカルデータをダウンロードできます。

ダウンロードファイルはZIP形式の圧縮ファイルになっていますので、解凍して利用します。

 

MT4でヒストリカルデータを設定する

MT4の最大バー数の設定

MT4を起動し、ツールバーの「ツール」→「オプション」をクリックします。

タブの「チャート」の項目の中に、「ヒストリー内の最大バー数」と「チャートの最大バー数」を入力する部分があります。

この2つの項目に入力できる最大値を入れます。「9999999999」と入力して、OKボタンを押せばOKです。

MT4を再起動します。

 

既存のヒストリカルデータの削除

新たなヒストリカルデータに置き換えるため、元から格納されているデータを削除しておきます。

MT4のツールバーから「ファイル」→「データフォルダを開く」→「history」をクリックします。

口座のフォルダを開きます。私の場合は「MYFX-US01-Demo」フォルダになります。

ここを開くとヒストリカルデータが入っているのが確認できます。

このヒストリカルデータの中から不要なデータを全て削除します。今回の場合はポンド円のデータを全て削除しました。

削除後、MT4を再起動します。

FXDDのヒストリカルデータをMT4に設定

先ほどダウンロードしたヒストリカルデータを利用できるようにMT4に設定します。

MT4のツールバーから「ツール」→「ヒストリーセンター」をクリックします。

「ポンド円」の「1分足」をダブルクリックし、続いて「インポート」ボタンをクリックします。

以下の画面が現れます。

「参照」ボタンをクリックし、ダウンロードしたFXDDのヒストリカルデータを選択します。

続いて「OK」ボタンをクリックします。

インポートができたら、ヒストリーセンターを閉じてOKです。MT4を再起動します。

 

5分足~日足のデータを作成

ヒストリカルデータは1分足データなので、ここから5分足、15分足、30分足、60分足、4時間足、日足のデータ作成していきます。

MT4のツールバーから「ファイル」→「オフラインチャート」をクリックします。

表示されたオフライン・チャートリストから「GBPJPY,M1」を開きます。

続いて、MT4の左側のナビゲーター欄の下部に「スクリプト」という項目があるのでその中から「PeriodConverter」をダブルクリックします。

パラメーター欄の値に「5」を入力し、「OK」ボタンを押します。

これで5分足データができました。続いて15分足データを作成します。

再度、「PeriodConverter」をダブルクリックします。

すると、このような警告が出ますので「はい」をクリックします。

その後は先ほどと同じように「パラメータ」項目に「15」を入力し「OK」をクリックします。

これで15分足データが作成できました。

以下、同様に、「30」、「60」、「240」、「1440」と入力し、作成します。

 

ヒストリカルデータが作成できたかを確認

MT4のツールバーから「ファイル」→「オフラインチャート」をクリックし、「オフライン・チャートリスト」を開きます。

ポンド円の部分を見てみます。

差出人~終了の項目を見ると、2005年~2018年までのデータになっていることが確認できました。

これでバックテストの準備が完了です。

他の通貨ペアでも同様に設定を行えばOKです。

MT4でバックテストを行う準備と設定” への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。