各時間軸チャートの見方、MTFな考え方~FXトレードで勝つコツ

各時間軸チャートの見方、MTFな考え方~FXトレードで勝つコツ

マルチタイムフレームという言葉を聞いたことがありますか?

チャートには時間軸が用意されていて、1分足~週足、月足までたくさんの時間枠の中でチャートを見ることができます。

このたくさんの時間軸をどう使いこなしていけばいいのか悩んだ経験があります。

どの時間軸をみればいいの?どういう解釈をしたらいいの?大きい時間軸と小さい時間軸で逆行しているのはどう考えるの?など

それについて私なりの使い方、見方を書いてみようと思います。

 

その前に前回までの記事もぜひ読んで下さい。

ポジポジ病の治し方、ポジりたいだけポジれば良い~FXトレードで勝つコツ

たくさんトレードするメリットと動くチャートポイントはココ~FXトレードで勝つコツ

テクニカルインジケータは補助的なもの~FXトレードで勝つコツ

マルチタイムフレームはどの時間軸を使えばいいのか(デイトレ)

私はデイトレードになりますのでその視点で書きます。

考え方さえわかれば時間軸をずらせばいいので、スキャルピングやスイングでも使えます。

 

デイトレ的使用時間軸

日足、4時間足、30分足を主に使います。(他には週足、15分足なども見ていますがはじめは無視して)

スキャルピングならこれが1時間足、15分足、5分足とすれば良いし、スイングなら週足、日足、4時間足とすればいいのです。

 

使用するテクニカルインジケータ

ボリンジャーバンド1σと2σを設定しておきます。

ローソク足だけだとカオスに見えますので、ボリンジャーバンドを道しるべとしてチャートに表示します。

ボリンジャーバンドについてはこちらの記事で確認してください→ボリンジャーバンド

ボリンジャーバンド

 

それぞれどのように解釈するか

これは持論です。これを論理的に説明することはできないですし、間違っているかもしれません。

経験上の感覚ですが書いてみます。

 

大事な認識としてまず意識しないといけないことは、「時間軸には力関係がある」ということです。

上の3種類の時間軸でいうと、日足>4時間足>30分足という力関係にあります。

 

そして、上記と矛盾することですが「小さい時間軸から大きな時間軸は構成されているという事実も頭の片隅においておかないといけません。

 

このような認識のもとに、それぞれの時間軸に役割を決めましょう。

●日足・・・これまでの流れとこれからどう流れていくかを観察するための時間軸、ロング・ショートの目線を決めます。

●4時間足・・・レートが動き出すチャートポイント(トレードチャンスになる場所)を探すための時間軸、ロング・ショートの目線を決めます。

●30分足・・・エントリータイミングを計る時間軸

 

私のマルチタイムフレームの考え方としてはこのように時間軸を解釈して使用しています。

 

トレードでのマルチタイムフレームの考え方

まだまだ消化不良だと思いますので、マルチタイムフレームな見方の例を妄想トレードで書いてみます。

 

・日足では、ミドルバンドが水平に近く、ローソク足はミドルバンドを超えて、ボリンジャーバンド+2σにタッチして、陰線が示現したところです。

そのまま上昇していく可能性はあるものの、ボリンジャーバンド+2σで反発しているので、+1σ~ミドルバンドまでは動く可能性があるのでショート目線になります。

 

・4時間足を見ると強い上昇トレンド(レートは+2σに沿って上がっていた)が一服して、+2σと+1σの間でレンジ状態になっています。

日足では上昇の可能性はあるもののショート目線です。どの位置で動き出しそうか・・・

+1σをレートが下回るとミドルバンドまで下降する可能性は高くなります。

下の画像の緑丸2つ目、3つ目のチャンスを待とうと考えます。

トレードポイント

・30分足では、ボリンジャーバンド-2σにレートが触れ、バンドも拡大し、下落の兆候が見え始めました。

そのまま下に行く可能性も高いので積極的なポジションとしてショートしました。

その後、レートが戻し上昇してきました、30分足ミドルバンドまで戻ったところです。4時間足ではすでに+1σを割っています。

グランビルの法則でミドルバンドから反発下落する可能性が考えられますのでさらにショートしました。

 

・ストップは4時間足直近高値、第一リミットは日足の+1σ、4時間足のミドルバンドと重なっているのでそこにしました。

第二リミットは日足ミドルバンド、4時間足の-1σと重なっているのでそこにしました。

 

・・・この内容は妄想ですが、このような感じで相場状況をマルチタイムフレームで考えてトレードしています。

 

※チャートのトレードチャンスになるポイントは以下の記事で少し触れています。

たくさんトレードするメリットと動くチャートポイントはココ~FXトレードで勝つコツ

 

 

各時間軸で逆行している場合

当然、4時間足では下降トレンドなのに5分足では上昇トレンドになっていることは起こりえます。

 

上の画像は4時間足で赤矢印は強い下降トレンドです。

黄色枠の部分では5分足は上昇を形成しています。下の画像です。

ここはロングで入らず下降トレードポイントまで待ちの場面です。

力関係は5分足<4時間足なので、4時間足はショート方向ですからロングで入る理由がありません。

 

まとめ

時間軸には力関係があり、それぞれに役割を持たせて使うと迷うこと少なくなるのではないでしょうか。

あくまでこれまでの経験をもとにした持論です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。