新型コロナウイルス肺炎の感染対策で私たちができること

新型コロナウイルス肺炎の感染対策で私たちができること

1月25日現在、中国での新型コロナウイルス感染者は1300人に達するようです。

発生源とされる中国武漢市から世界中へウイルス保有者が行くわけですから、日本にいる我々も他人ごとではありません。

すでに国内でも感染者が確認されており、ヒトヒト感染する根拠はないと言われますが確実にするものと考えて対策したほうが良いと考えます。

“新型肺炎”世界で感染者1300人超 中国は厳戒態勢(ヤフーニュース 20.1.25)

 

 

新型コロナウイルスの感染を予防する対策とは

マスク、手洗い、うがいをしましょう

コロナウィルスの感染は以前ニュースにもなりましたが、SARS(サーズ)、MARS(マーズ)があります。

新型コロナはこの3つ目の重症化するコロナウイルスになります。

 

SARSやMARSはヒトヒト感染し、その感染は飛沫によるものということでした。

新型コロナウイルスの感染対策も飛沫感染を防止する対策をするべきだと考えられます。

 

つまりマスク手洗いうがいですね。

 

その他、飛沫感染なので要するに相手の唾液が自分の口に入らないようにすればいいってこと!

特に糖尿病の方や高齢者の方は重症化するようなので気を付けたほうがよさそうです。

 

コロナウイルス情報

※国立感染症研究所コロナウイルスとは

 

感染する可能性のある場所

飛沫感染が考えられるので、人が多く集まる場所、公共の場所は可能性がありますね。

空港や駅など避けられるなら避けたいですが、そうもいかない方が大半ですね。

行ったとしても国際線には絶対近づきたくないです。

 

 

新型コロナウイルスの感染症状

重症化するコロナウイルス(SARS、MARS)の感染症状は高熱肺炎下痢です。

ちなみに、コロナウイルスは他にもあって風邪症状を引き起こします。

実は風邪のうち10~15%はコロナウイルスに起因するものとも言われています。

案外、身近なウイルスです。

 

 

感染が疑われる場合どうするか

 

病院に行け!すぐ行け!!

 

 

ワクチンはあるか

今のところワクチンはありません。

厚生労働省が20年1月24日に新型コロナウイルスに対するワクチンを開発することを発表しています。

 

じゃあ、もし感染してたらあなたはどうなるの?

隔離される?

日本国内でSARS-CoVやMERS-CoVの感染者が見つかった場合、病気の伝播を抑えるために、感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)に従って感染拡大防止策がとられる。SARS-CoVとMERS-CoVは共に、感染症法において二類感染症に分類されている。感染者には感染症指定医療機関への入院措置がとられ、陰圧管理された病室で治療を受けることになる。同時に疫学調査が行われ、感染経路や接触者が特定される。

国立感染症研究所 感染症法での取り扱い

 

SARSやMARSの場合は感染症法にのっとり上記のような形になるようです。

新型コロナウイルスの場合はどうなるのでしょうね?

報道では国内感染者は退院したとありましたので、やはり隔離され入院となるのでしょうか。

 

まとめ

コウモリやネズミや何食べてもいいけど、衛生的なものを食べよう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。