ヨーグルトR1を食べるようになってマジで風邪をひきにくくなった

ヨーグルトR1を食べるようになってマジで風邪をひきにくくなった

私は体調を崩しがちで、冬の1シーズンに3回ほどは風邪ひいていたんだけども、ヨーグルトを食べるようになってマジで風邪をひかなくなりました。

ヨーグルトは自家製が続けやすいですよ。

今回は私が続けているやり方で皆さんに10万円のお得をしてもらいたいと思います(あ、ネタです)

私どもFXグリーンプラネットは「サイフにうるおいを」を合言葉にしています。

コスパのこともざっくり考えていますのでぜひ読んでください。

(FXネタは書き上げるのに時間がかかるんですが、雑談だとサラッと書けるんだ。。)

Dグリーン
冬にはR1ってCMしてるけど、今のところいい感じだ
Jボンド
ルシッフルもシュコッとやってるな・・
Lシッフル
フフフ・・・あれはヨーグルトじゃないぞ、ボンド君。

自家製ヨーグルトなんて雑菌培養なんじゃ・・・

ヨーグルトを始めるきっかけは、妻が「姉が使っているから」と言い出したのがきっかけでした。

私は「自宅で菌を繁殖させるなんて・・変な菌でも培養されたら腹を壊すじゃないか」と反対モードでした。

しかし、実際にやってみたところ全然大丈夫!コスパもよくて、、うまい。。フツーのヨーグルトができてしまうんです。

雑菌培養?全然心配ご無用です。

 

自家製がコスパ良し、味は市販品と同じ

ヨーグルトは明治R1!

私は明治のR1を使っています。他のも試しましたが酸味のバランスが良くて味が気に入ってます。

それから、「R1は風邪にいいよっていうイメージ」でCMもやっていますし、風邪をひきたくないので使い始めました。

なんで風邪に効きそうなのか?科学的根拠は知らない・・・

↑飲むヨーグルトのR1、これですね。1本120~130円するのでR1ヨーグルトって高価なんですよ。

R-1はインフルエンザ対策に効果ある?家族3人で5年間毎日飲んでみた結果!

こちらの方の記事にもコストのことが書いてありますが、R1って私のような庶民が続けていくのは結構ハードルがあると思うんですよ。

なのでおススメは「自家製」ということになります。

高価なR1を量産しましょう、超簡単です。

 

ヨーグルトメーカーで高価なR1を量産

先に言っておくと、飲むヨーグルトで作っても出来上がりは普通の固形ヨーグルトができます。

私が使っているアイテムはコレ↓です。一定の温度で培養させるための機械ですから安いのでOK。

たぶんアマゾンで一番安いものだと思います。

 

ヨーグルトの作り方

1リットルの牛乳を購入

飲むヨーグルトR1を混ぜる

パックごとヨーグルトメーカーに入れてスイッチを押す

8時間ほどで出来上がり

 

「ヨーグルトメーカー」の画像検索結果

↑作ってるところのイメージ↑

夜にメーカーに入れておくと朝にはできているといったイメージです。

朝にはR1の固形ヨーグルトが出来上がっています。

 

飲むヨーグルトとして飲みたいなら

固形ヨーグルトが出来上がるので、きな粉とハチミツをかけて食べるのがおススメのうまい食べ方です。

しかし、飲むヨーグルトだから続けやすいんだよ!という方もいらっしゃいますよね。

そういう方にはぜひ飲むヨーグルトで。さらにコスパが上がります。

コスパというより普通においしいです。

 

飲むヨーグルトの作り方

【レシピ】

自家製ヨーグルト  大さじ4
水道水       大さじ1
ハチミツ      大さじ1

これを混ぜれば出来上がり。4:1:1を目安にアズユーライクです。

ハチミツは砂糖でもOK。砂糖はハチミツより甘いので控え目が吉!

 

コスパはいかに!?

5日間で1,480円、1年間で10万8,040円のおトク

牛乳1本分のヨーグルトで、家族3人で4~6日は持ちます。

仮に5日間としたらR1飲むヨーグルト15本分です・・・これをヨーグルト1本+牛乳1本で賄えるとします。

・飲むヨーグルトだけの場合・・・15本×120円=1,800円/5日

・量産型・・・ヨーグルト代120円+牛乳代200円=320円/5日

その差、5日間で1,480円です。

1年間では・・・1,480円/5日間×365日=10万8,040円のおトクになります。

ヨーグルトメーカー代の2,000円を払っても十分におトクですね。

さらに!飲むヨーグルトとして続ければ・・・

今回はお得情報でみなさんのサイフに10万円を作り出しました。その10万円で何をされますか?笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。